外国人の招へい 「認定証明書」とは

海外にいる外国人を長期間、日本に呼びたいと思ったら、どういう手続きが必要になるの?という疑問に、お答えします。

観光や親族訪問、短期商用等で来日する場合は、「短期滞在」(最大90日 査証免除国はノーVISA)で、入国します。

短期ではなく、長期で呼びよせたい、というときのお手続きでは、一般的にはまず、入国管理局へ認定証明書の交付申請を行います。

在留資格認定証明書Certificate of Eligibility(C.O.E)は、日本にいる関係者(会社、配偶者など)が、本人の代理人となり、入国管理局へ交付の申請をすることができます。

日本への長期の査証発給を円滑にしてもらうためのいわば法務大臣(法務省)のお墨付きです。査証発給を判断するのは在外日本公館(外務省管轄)ですので、二重のチェックも果たしています。それゆえ、認定証明書を持っていたら100%入国が保証される、とはいえませんが、このお墨付きを取ることで、査証発給の審査をしやすく、よりスムーズに審査をしてもらえるようにできた制度なのです。

~認定申請 基本のながれ~

  1. 外国人を招へいしたい
  2. どんな在留資格に当てはまりそうか検討
  3. 代理人が入管に対して認定証明書交付申請をする
  4. 交付(許可)の場合日本にいる代理人のもとに認定証明書が送付される
  5. 認定証明書を招へいする外国人に送付
  6. 3か月以内に在外日本公館に持参
  7. 査証が発給される
  8. 日本へ入国 上陸許可(在留資格付与)