官報

皆様は『官報』をご存知でしょうか。

法律、政令、条約など重要事項を国民に知らせるためのものです。多くの方にとって、なじみがあまりない物かと思いますが、国が発行している刊行物です。

<どんなことが書かれているの?>
官報には政府や各府省が国民に広く知らせるために発表する公文や公告、会社法による法定公告等の記事が掲載されています。

<帰化と官報>

官報の中に『日本国の帰化を許可する件』という法務省告示があります。
帰化許可者の氏名(住所・生年月日も)がずら~っと一覧で記載されています。この記載は、国籍法に基づいて行われています。

国籍法第10条に次のように規定されています。

「法務大臣は、帰化を許可したときは、官報にその旨を告示しなければならない。」

2項 「帰化は、前項の告示の日から効力を生ずる。」

実際には官報掲載後、法務局から直接ご本人へ電話連絡がいくのですが、通信機能が発達している現在であっても官報掲載は変わりません。

行政書士として帰化申請をお手伝させていただいた方のお名前を見つけた時の喜びはひとしおです。記念にお客様に該当箇所をお渡しますと、喜んでくださいますし、私も達成感を感じます!

電子版官報は下記URLです。ご参考まで。

http://kanpou.npb.go.jp/