【Q&A】弟を日本によびたい ビザ(在留資格)とれますか?

日本に居る外国人の方で家族をよびたいということは多々あります。

妻(または夫)、子、前の夫との子(連れ子)、親、兄弟 などなど・・・・様々な相談を受けることがございます。

上記の親族を短期間(在留資格:短期滞在 在留期間:最長90日)呼ぶことは可能です。この場合、期間満了時には、母国へ帰国することが条件となります。

しかし、長期間(90日以上)日本で居住させたい!ということになると、家族であっても、よびよせが可能なケースは限定されます。

[よべる・よべないの基本]

  1. 配偶者、子は基本的に呼びよせることが可能です。そのための在留資格というものが法で定められているからです。日本に居る配偶者または、親がどのような在留資格を付与されているかによって、よびよせようとする家族の在留資格は異なります。また、子供の年齢によっては、呼べない場合もあります。
  2. 親は、高齢・本国に身寄りがない場合等の事情がある場合によべる場合があります。高度専門職の場合には、7歳未満の子の世話をすること等を条件に呼べる場合があります。
  3. 兄弟姉妹、いとこは親族関係のアプローチからは、よびよせることはできません。どうしてもよびたい場合には、就労や留学など別の在留資格に該当しないか、検討する必要があります。