夢のオンライン申請?!

2019年7月25日から始まるオンライン申請は利用できるの?

入管は偽装対策の観点からオンラインは馴染まないとして、本人の窓口申請を基本としています。そのため、現在は窓口申請しか認められていません。
本人に代わって手続きをおこなう我々取次行政書士も、入管窓口にパスポートと在留カードをお預かりして伺います。
行政手続きには、管轄がつきものです。神奈川県への申請、中央省庁への申請等様々あります。これは入管業務に限った事ではありません。
そのため管轄の基準となる本人の住居地、会社の所在地によっては、遠方の管理署まで出張をすることもあります。

オンラインで申請できるようになれば品川などの窓口の混雑も緩和されるでしょうが、今回のオンライン申請の運用は極めて限定的です。

ポイントをまとめてみました。
今回のオンライン申請の対象は、
☆在留期間更新申請のみ
(再入国、資格外活動許可に関しては更新と同時申請に限られています)

☆上場企業等(カテゴリー1、2)で働いている人で主に就労系在留資格に限定
(留学、文化活動も対象)

☆よって、身分系の在留資格(例:日本人の配偶者等)は、オンライン対象外

☆新しい在留資格特定技能は就労系であるが対象外 

☆新しい在留カードの受領は窓口か郵送の選択制
(ただし、郵送場所の融通は利かないもよう)

詳しくは下記のページに記載があります。

参考ページ(入国管理局)
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyukanri/online_guidance.html